平行二重整形おすすめクリニック2019

平行二重整形という言葉を聞いたことがあっても実際にどのような整形なのか把握していない方もたくさんいます。

そこで平行二重整形は、どのような効果を期待できるのかそして平行二重整形をするにはどの方法があるのか説明していきます。

また多くのクリニックが平行二重整形で行っているのですがその中でもおすすめのクリニックを複数紹介していきます。

平行二重整形でおすすめクリニック

ガーデンクリニック

埋没法や部分切開法だけではなく、全切開法や目頭切開法など様々な施術で平行二重整形を行ってくれるのがガーデンクリニックです。

全ての人に同じ施術をするのではなく、状況を見極めた上で最適な施術を行えるように取り組んでいます。

また平行二重整形をする前にヒアリングを重視しており、どのような問題を抱えているのか丁寧に話を聞いています。

そして各々が抱えている問題を解消することができるように最善を尽くしてくれるクリニックです。

表参道スキンクリニック

表参道スキンクリニックは埋没法をはじめとして、グラマラスラインや眼瞼下垂など色んな施術を実施してくるのが大きな特徴です。

極力体に痛みや負担を与えないで施術を行っていき、少しでも安心してもらえるように取り組んでいるのが魅力です。

更に各々の施術方法に対し、細かく説明をしていき、納得できた施術方法を選べるようにしています。

また平行二重整形施術で使用する器具や道具は、徹底的に滅菌されていて、安心して施術を受けられるように環境作りが行われています。

もとび美容外科クリニック

綺麗な目元を長い間維持することができるように力を入れていて、腫れにくいそして戻りにくい二重埋没法を実施しているのがもとび美容外科クリニックです。

状況に応じて、適切な麻酔を実施しており、少しでも痛みを発生させないようにしています。

一回の施術時間もスピーディーになっており、短い時間で目的に平行二重整形を行えるようにしています。

保証制度も設けられているので、施術後に戻った場合は一定期間内ならば対応してもらうことが可能です。

湘南美容クリニック

3年間の保証が設定されており、笑気麻酔付きの湘南二重術を実施しており、求めている目元に整えられるようにしています。

また金額もリーズナブルに設定されていて、目元の悩みを抱えている方が気軽に施術を受けられるようにしているクリニックです。

湘南二重術以外にもクイックコスメティークダブルやフォーエバー二重術など色んな平行二重整形施術を行っているのも特徴です。

そして各々が抱えている目元のコンプレックスを解消できるように取り組んでいます。

東京形成美容外科

万が一目元が施術前の状態に戻ってしまった時も永久保証付きの埋没法があり、何時でも対応できるようにしています。

また保証期間は1年と短めですがお手頃な金額で、埋没法などの平行二重整形施術を受けることも可能です。

その他にも各々の目元に合わせてオーダーメイドで実施していき、望んでいる目元を実現できるようにしています。

更に高い技術を持った医師が対応していき、腫れないように工夫したり、痛みを最小限に抑えられるように努力しています。

東京ヒルズクリニック

ビューティーナチュラル法や目頭切開などの施術を実施しており、痛みや負担を抑えて日常生活に悪い影響を与えないように工夫しています。

また一方的に施術を行うのではなく、求めている平行二重整形施術を実施できるようにカウンセリングに力を入れていて、患者の話を聞くように心がけているクリニックです。

アフターケアも丁寧に行われていて、平行二重整形施術後に問題が発生しないで綺麗な目元をキープできるように取り組んでいます。

二重まぶたは大きく2種類ある

末広型

末広型のまぶたは、二重が途中から発生している二重まぶたになっています。

日本人の顔に馴染みやすいだけではなく、可愛らしく幼い印象を与えることができるので、若い女性を中心に高い人気を誇っています。

そのため、平行二重整形によって末広型を希望する方も多いです。

平行型

末広型よりもくっきりとした二重のラインが大きな特徴になっており、眼球を大きく見せることができるのが平行二重整形の平行型まぶたです。

派手なメイクをすることで、更に目力を強めることができ、多くの人にインパクトを与えられるようになります。

平行二重とは?

平行二重は蒙古ひだがなく、ラインの幅が目頭から目尻まで一緒になっていて、ぱっちり二重が大きな特徴になっています。

大きく目を見せたいと考えている方には魅力的な二重になっており、メイク映えしやすいのが強みになっています。

また日本人で生まれつき平行二重はほとんどいなく、ヨーロッパの人に多く見られる二重です。

平行二重に向いている方は、蒙古ひだがほとんどないもしくは未発達の方になります。

これまで目が小さくて悩んでいた方も平行二重整形で平行二重にすることができれば、大きな目にすることができるので、コンプレックスを一気に解消可能です。

また目だけではなく、顔立ちもはっきりと見せる効果があり、たくさんの人から平行二重は支持されています。

平行二重の整形法

平行二重の整形法:埋没法

埋没法はまぶたの裏側に特殊な糸を数ヶ所固定することで、二重のラインを作り出す方法になります。

他の平行二重整形施術方法と比べて、痛みを感じにくくなっており、その理由としてメスを使用しないのが関係しています。

また腫れにくくなっているのも特徴で、すぐに自然な二重を手に入れることができるのが魅力です。

もし埋没法を実施して二重に納得できなかった時は、速やかに修正することも可能です。そして求めている二重に調整でき、魅力的な二重を手に入れることができる方法です。

主に埋没法は二つの方法が存在しており、皮膚と上眼瞼挙筋に固定する時は挙筋法と呼ばれていて、瞼板に固定する時は瞼板法になります。

埋没法の手術時間

平行二重整形埋没法の時間はとても短くなっており、片目だけの場合は約10分ほどの時間になっています。

両目の場合でも20分前後で終了することができ、短い時間が大きな特徴です。

埋没法のダウンタイムについて

メスを使用しないで特殊な糸を固定するだけなので、負担が少なくなっています。それでも施術後は少なからず内出血や腫れなどが起こる可能性があるので注意しなくてはいけません。

実施した埋没法によって異なってくるのですが長くてもダウンタイムは、1週間前後になっています。

短い場合は翌日から洗顔などを行うことができ、平行二重整形施術前と同じ生活をすぐに行うことが可能です。

埋没法で平行二重整形

埋没法で平行二重整形を希望している方は、まず蒙古ひだの問題があります。蒙古ひだ発達していないほど埋没法で、納得できる平行二重整形を実施しやすくなっています。

残念ながら他の方よりも蒙古ひだが発達している方は、埋没法だけでは難しい場合があるので注意です。

その時は、埋没法を実施しながら目頭切開を行うことで魅力的な平行二重にすることが可能です。

このように誰でも埋没法で、平行二重にできる訳ではないので気を付けないといけません。

蒙古ひだが発達していない人ほど埋没法のみで、平行二重を入手しやすくなっており、自然な仕上がりを目指せます。

平行二重の整形法:部分切開

部分切開法とは、全切開法よりもメスで切る部分を縮小した平行二重整形法です。
クリニックによっては、ミニ切開法やマイクロカット法と呼ぶところもあります。

全切開法と同様にまぶたの脂肪や余った皮膚を切除することが可能ですが、切開部分が小さいため、取れる量は少なくなります。

切開部分が小さいため、出血量や身体への負担も軽減ふることが可能です。

部分切開の手術時間

部分切開法で平行二重整形をする場合の手術時間は、約30分~1時間です。取る脂肪や皮膚の量によって異なります。

部分切開のダウンタイムについて

部分切開法のダウンタイムは、約2週間です。
ほとんどのクリニックが術後5日で抜糸を行うため、それまでは外出は不可能です。

切開したラインの赤みは術後3ヶ月~6ヶ月くらいまで残りますが、切開する量が小さいため、気にならないことがほとんどです。

全切開法での平行二重整形に比べ、ダウンタイムは圧倒的に短い施術となっています。

部分切開で平行二重整形

ダウンタイムが短く、長期間二重のラインを維持できる部分切開法は、平行二重整形を考えている方におすすめの方法です。

ただし、取れる脂肪や皮膚の量が少ないため、重いまぶたの方は適応にならない場合もあります。カウンセリングで確認してください。

平行二重の整形法:全切開

平行二重整形の中でも一番選択する人が多いのが、全切開法です。
全切開法とは、まぶたにメスを入れ、希望のラインに沿って切開する施術のことをいいます。

切開をする際に、まぶたの中の脂肪や筋肉、ラインを作る際に余分な皮膚を切除することができるため、元々のまぶたが腫れぼったい方や埋没法で平行二重を作ることが難し方にはおすすめの施術となっています。

切開したラインは糸で縫合するため、後日抜糸が必要となります。
抜糸するまでは腫れが目立ちますが、抜糸後はみるみる腫れが引き、2週間程度でメイクをすれば外出や仕事が可能になる場合がほとんどです。

切開と縫合をするため、腫れの他に内出血や傷口の感染、一時的なまぶたのひきつれが出現する可能性があります。

全切開の手術時間

全切開法の平行二重整形にかかる手術時間は、約1時間です。隔膜内の脂肪を切除するかで手術時間は変わります。

全切開のダウンタイムについて

腫れが消失して完成となるまでは3~6ヶ月かかります。
ほとんどの病院が抜糸を術後7日で行うため、少なくとも一週間は外出が不可能となります。

また、切開したラインの赤みが消失するまでは、6ヶ月~1年を要することがほとんどですので、ノーメイクでもバレないレベルに至るまでは、長期間を要します。

全切開で平行二重整形を検討している方は、ダウンタイムを長めに取りましょう。

全切開で平行二重整形

全切開法はまぶたの脂肪や皮膚を切除するため、平行二重整形の中でももっとも確実な方法といえます。

特に、奥二重や末広二重の方が平行二重にする場合は、元のラインを完全に消失させるためにも、全切開法をおすすめします。

ダウンタイムは長いですが、一度作ったラインは半永久的に維持できますので、取れる心配はほとんどありません。

平行二重の整形法:目頭切開

目頭切開が平行二重整形と一緒に行われる理由は、蒙古ひだがあると平行二重になりづらいためです。
日本人のほとんどが蒙古ひだが発達しています。

蒙古ひだがある方が切除しないで平行二重を作ろうとすると、目頭側のラインが狭くなってしまい、理想のラインが作れないことが多々あります。

どうしても平行二重を作りた方には必須の施術です。

目頭切開の手術時間

目頭切開の手術時間は、約15分~20分です。他の平行二重整形と併用する場合は麻酔が済んでいるため、時間が短縮になる場合もあります。

目頭切開のダウンタイムについて

目頭切開のダウンタイムは他の平行二重整形法とほぼ同じの約2週間です。
ほとんどのクリニックが術後7日で抜糸を行うため、それまでは外出ができません。
切開した傷跡の赤みやひきつれが3ヶ月程度気になる場合があります。

目頭切開で平行二重整形

平行二重整形にプラスしたい有効な施術が、目頭切開です。
日本人特有の蒙古ひだを切除することで、目頭側の二重幅を広げることができます。

蒙古ひだが発達している人は目頭切開を行わないと平行二重になれない場合がありますのて、必ずカウンセリングの際に確認しましょう。

特に埋没法の場合は目頭切開を併用した方が確実です。

埋没法はどんなデザインができる?

埋没法で平行二重整形をする場合は、幅が狭めのナチュラルなデザインが可能です。
糸で固定するため、ラインを維持する能力が全切開法や部分切開法に比べて劣ります。

二重幅が広いデザインを希望すると、糸がゆるんで元のまぶたに戻ってしまう可能性が高くなります。
蒙古ひだが発達している人は埋没法のみでは平行二重になることか難しいため、目頭切開との併用をおすすめします。

また、術後のラインは切開法に比べ薄くなるため、生まれつき二重の人のような自然な印象に仕上がります。
ナチュラル志向の方やまぶたが薄い方には埋没法がおすすめです。

切開法はどんなデザインができる?

全切開法の場合、平行二重でもより幅が広いデザインを実現することが可能です。
まぶたの脂肪や余った皮膚をしっかり切除するため、元のまぶたが厚い人でも、平行二重になることができます。

ラインがくっきりでることにより、ハーフのような顔立ちになれることも特徴の一つです。
部分切開法は全切開法よりも幅が狭めのデザインに向いています。元のまぶたが薄めの人の場合、全切開法に近いデザインも可能です。

平行二重整形法の中でも、切開法はより多彩なデザインを実現することが可能で、ラインの持続期間も長いことから、おすすめの施術となっています。

まとめ

憧れの平行二重になるためには、部分切開法、全切開法、埋没法など、様々な方法があります。
それぞれにメリットとデメリットがありますので、カウンセリングは必須です。

また、更に目を大きくしたい方は、目頭切開との併用が有効です。
予算やダウンタイム、自分のまぶたの状況などの条件を考慮して、自分にとってベストな平行二重整形法を探してくださいね。

サイトマップ